情報伝言板
Railway News
更新:12月20日
[△新しいニュースへ][▽古いニュースへ][▲▲トップページへ][■バックナンバー][お問合せ]
★鉄道車両のリサイクル工場
 日本車両リサイクル社は日本製紙伏木工場跡地に建設した鉄道車両の解体工場を報道
公開した。JR西日本419系をシュレッダーで解体した。名古屋市交、えちぜん鉄道
から計34両を買取る。来年度はJR東日本からも受注する。JRの車両は旧日本製紙
専用線を使用して搬入する。

★会津鉄道のサンタ列車
 トロッコ列車編成を充当する。
 運転日:12月23日(日)
 時刻:
  西若松11:36→会津田島13:01
  会津田島13:24→
芦ノ牧温泉→西若松15:18
 詳細は参照。

★岡電のクリスマス電車
 3007号KUROを装飾して運行する。
 運行期間:は12月5日〜25日
 時刻:
  東山10:40→駅前10:55
  駅前10:58→東山11:13
  東山11:20→駅前11:35
  駅前11:38→東山11:53
  東山12:00→駅前12:15
  駅前12:18→東山12:33 
  東山12:40→駅前12:55
  駅前12:58→東山13:13
  東山13:20→駅前13:35
  駅前13:38→東山13:53

 12月24日
  クリスマスプレゼント電車(貸切)
  東山9:30→駅前9:45
  駅前10:00→東山10:15
  東山10:30→駅前10:45
  駅前11:00→東山11:15
 詳細は案内参照。

★箱根登山鉄道の走行音
 同線を長く追い続けている鈴木大地さんが録音した走行音が公開されている。
駅間ごとに購入することもできる。
 案内参照。
★渥美線電車の塗装変更
 豊橋鉄道渥美線の10編成について、「渥美線カラフルトレイン」として、渥美半島
の花をテーマにした装飾を施す。それぞれヘッドマークを掲出する。
1月12日(土)に菜の花編成が登場、順次導入し、平成25年秋に全10編成が揃う。

★富山市内線102号情報
 アルナの艤装線に入っているところが目撃されている。函館市電3010号が発送
(積荷)された直後より置かれている。


★函館市電3010号お披露目続報
 12月10日に搬入予定であったが、悪天候により航路が停止した影響で、当日搬入
できなくなった。

★西武101系、301系サヨナラ
 101系6連によるさよなら運転ツアー電車を運転する。
 運転日:12月9日(日)
 時刻:
  西武園8:30→本川越→西武球場前9:43
  西武球場前12:06→所沢→横瀬13:37

★秩父鉄道1007Fサヨナラ
 旧1000系塗装で人気のある1007編成が引退する。臨時急行を運転する。
 運転日:12月8日(土)
 時刻 :
  熊谷11:23→武川35→寄居47→野上59→長瀞12:03→皆野09
  →秩父23→御花畑26→影森30→三峰口12:43
  三峰口13:38→影森55→御花畑58→秩父14:00→皆野09→長瀞16
  →野上19→寄居36→武川48→熊谷15:00
 
★セントラムにラッピング
 黒の9003編成に「とやま花Tramキャンペーン」のラッピングを施している。
市内で花を購入することで無料乗車券を入手できる。
 期間:11月18日〜3月31日

★土電のイルミネーション電車
 よさこい手づくりホビー電車にLED装飾を施す。県立南高等学校美術部員がデザイ
ンを担当した。
 運行期間:11月29日〜27日
 案内参照。

★近江鉄道に西武101、301系
 8両を甲種輸送で搬入する。
 行程:
 12月17日
  新秋津10:48→新座(タ)10:58/11:34
  →新鶴見12:21/14:40→稲沢22:22
 12月18日
  稲沢6:12→米原操8:37/9:06→10:33
  梅小路12:44→彦根14:05	

★秋田内陸縦貫鉄道の新春雪見お座敷列車
 もりよし号にお座敷車を並結して運転する。
 運転日:1月12日〜14日
 運用:
  阿仁合09:17→角館10:23
  角館12:17→鷹巣14:16
  鷹巣15:13→阿仁合16:10

★秋田内陸縦貫鉄道のサンタ号
 普段は仕業のないAN8900形を充当する。ヘッドマークを取付る。
 運転日:12月22日〜24日
 運用:
  阿仁合09:17→角館10:23
  角館12:17→鷹巣14:16
  鷹巣15:13→阿仁合16:10

★札幌市電のラッピング電車
 漫画「雪ミク」のイラストのラッピング電車を運転する。新型低床車の導入時に引退
する予定の212号を使用する。
 期間:12月17日〜3月31日

★上信電鉄デキ3運転
 にデキ牽引の“クリスマストレイン”を運行する。
 
 運転日:12月23日(日)
 時刻:
  高崎 9:55→山名10:11→馬庭20→福島42→富岡50
  →一ノ宮57→南蛇井11:09→下仁田11:25
  仁田12:43→南蛇井57→一ノ宮13:12→富岡20
  →福島28→馬庭14:10→山名21→高崎14:43
 
★広電に新系統
 来年2月に3連接の新型低床車を導入する際に、白島線〜江波線の系統を新設、白島
から都心部へ乗入る計画。

★津軽鉄道のストーブ列車
 運転日:12月1日〜3月31日
 時刻:
  五所川原9:25→中里10:11☆
  中里10:35→五所川原11:20☆
  五所川原11:40→中里12:27
  中里12:50→五所川原13:36
  五所川原14:10→中里14:57
  中里15:21→五所川原16:06
 ☆:12月2日〜24日の土日祝と、12月29日〜3月31日の毎日ストーブ列車
詳細は同社のページ参照。

★第19回KRPC鉄道写真展
 写真展「やっぱ好きやねん!私鉄」を開催する。
 日時:12月13日(木)〜18日(火)
 場所:JR神戸駅南地下街「デュオぎゃらりー」


★広電の花電車
 100周年を記念し、大正電車1号を装飾して運転する。
  運転日:
   11月23日(金・祝)〜12月1日(土)、
   12月7日(金)、12月8日(土)
 時刻:
  千田車庫16:30→白島16:55頃→西広島17:30頃
  →横川駅17:55頃→江波18:20頃→広島港19:40頃
  →比治山線経由→広島駅20:15頃→千田車庫20:45


★夷隅人車を復元運転
 以下リリース文参考

------------------------------------------------------------------------
「県営人車軌道開業100周年記念事業」開催について
 
いすみ鉄道の前身である千葉県営大原・大多喜人車軌道が開業から100年を迎え、
12月8日(土曜日)に県営人車軌道開業100周年記念事業を開催します。
 
1 目 的  いすみ鉄道の更なる利用促進と鉄道の歴史を後世に伝えるため
2 名 称  県営人車軌道開業100周年記念事業
3 期 日  平成24年12月8日(土)、雨天順延9日(日)
4 時 間  午前10時〜午後3時
5 会 場  大多喜県民の森(メイン会場)、観光本陣
6 イベント 復元人車乗車体験、ミニ鉄道、模擬店(大鍋、焼いも、焼きそば他)
       *チケット1枚500円で販売します。
 ステージイベント(大多喜小学校金管部、いすみ鉄道応援者による応援歌)
       竹の作品展同時開催 
7 主 催  大多喜町県営人車軌道開業100周年記念事業実行委員会
8 後 援  大多喜町観光協会、大多喜町商工会、いすみ鉄道友の会、いすみ鉄道
9 協 力  せんろ商会(人車復元) 
10 連絡先(事務局)
  千葉県夷隅郡大多喜町大多喜93  大多喜町役場企画財政課内
   大多喜町県営人車軌道開業100周年記念事業実行委員会
  電話0470-82-2112(直通) fax:0470-82-4461
  E-mail:kikaku@town.otaki.lg.jp
 ※当日は、いすみ鉄道大多喜駅よりボンネットバス(無料)が会場まで連絡輸送いたし
  ます。
【復元人車基金】
人車軌道客車維持費の寄附を希望される方に手続きをご案内します。
◆人車軌道(千葉県営大原・大多喜人車軌道線)とは
 人が客車や貨車を押す鉄道のこと。大原・大多喜人車軌道線は、1912 年(大正元年)
 に全線を開通させ、大正10 年に夷隅軌道に譲渡されるまでの10 年間続いた千葉県が
 建設した唯一の人車軌道です。
◆寄附金の趣旨
 お寄せいただいた寄附金は、復元した人車の格納庫や線路延長の費用に充てさせてい
 ただきます。
◆受付方法
 下記の金融機関への口座振込み及び募金箱設置により受付いたします。
 千葉銀行大多喜支店 普通預金 口座番号 3253284
 口座名 大多喜町人車
 フリガナ オオタキマチジンシャ
◆連絡先(事務局)
 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜93 大多喜町役場企画財政課内
 大多喜町県営人車軌道開業100周年記念事業実行委員会
 電話0470-82-2112(直通) fax:0470-82-4461
  E-mail:kikaku@town.otaki.lg.jp

  
------------------------------------------------------------------------
 --
★一畑電車の車両更新
 東急の中古車両と単行の新型車両を2両導入する。18両(2連×8編成+単行
2本)とする。

★岩手開発鉄道の情報
 機関車3両にで図柄の異なるヘッドマークを取付けている。

 

★三陸鉄道の車両解体
 南リアス線に所属する4両のうち、津波被害を受けた3両が解体される。来年4月
には新型車3両を加えて、運行を再開する。


 

[▽古いニュースへ][△新しいニュースへ][▲▲トップページへ][■バックナンバー][お問合せ]