情報伝言板
RAILWAY NEWS
平成12年3月分
お問合せ:電鉄倶楽部
ガイドライン
[△新しいニュースへ] [▲▲トップページへ] [■バックナンバー]

★阪急の話題
・宝塚線ダイヤ改正
三国・曽根驛付近の高架工事が一段落し運転速度を向上できるよう
になったため6月上旬にダイヤ改正を計画している。
・「花博」以降のヘッドマーク取付け計画
現在「花博」「さくら」が取付けられている。定例の「祇園」「天神」
「もみじ」の他
 *宝塚線ダイヤ改正記念看板(5月23日〜)
 *全席優先座席PR看板
 *王子公園パンダ看板
が計画されている。

★ドクターイエロー運転予定
3/23,29,4/5,16,26
鳥飼→新大阪12:50/54→博多
3/24,30,4/6,17,27
博多→新大阪14:21/26→鳥飼
3/30
鳥飼→新大阪18:50/57→東京
4/4,15,25
東京→新大阪22:07/23(22)→鳥飼
4/6,17,27
鳥飼→新大阪19:50/20:00→東京

★天竜浜名湖鉄道トロッコ列車運転記念式典
3月26日(日)より天竜浜名湖鉄道でトロッコ列車「そよかぜ」
号が運転を開始します。これに先立ち25日に記念列車を運転し、
列車の到着/発車に合わせて沿線市町村の代表駅で式典などが催さ
れます。

残念ながら25日は一般乗車はできません。

開催日:3月25日(土)
式典場所と開始時刻:
掛川駅   8:45〜
遠州森町駅10:20〜
敷地駅  10:50〜
天竜二俣駅11:30〜
宮口駅  12:00〜
都田駅  12:20〜
金指駅  12:50〜
気賀口駅 13:00〜
三ケ日駅 13:30〜
新所原駅 14:20〜
(列車の運転時刻ではありません)

★天竜浜名湖鉄道「そよかぜ」号運転
運転日:3月26日〜4月9日まで毎日1便
その後11月までの土、日曜日、祝日に1日1往復運行
運行区間:天竜二俣駅〜三ケ日または遠州森町〜三ケ日
問合せ:同社総務課:電0539(25)6125

乗車には大人400円のトロッコ列車乗車賃が必要です。春休み期間中
のみ完全予約制です。


★岩手県並行在来線受け皿会社の事業計画
平成14年秋以降の開業を予定している東北新幹線延長区間の分離在来線
について検討する岩手県並行在来線経営準備協議会の12年度事業計画が
固まった。
12年度は経営・施設計画策定のための調査を実施、運賃制度や乗入需要
などを調査する。
列車運行は青森県会社への乗入れを含め、盛岡〜県境間の本数を確保しな
がら延べ運行距離を30〜40%増やす方向で検討する。盛岡〜金田一温
泉間に快速列車を4〜5往復設定、停車駅は滝沢、好摩、沼宮内、一戸、
二戸としている。


★箱根登山鉄道にイベント列車「赤塚不二夫号」
彫刻の森美術館の赤塚不二夫展とタイアップして走らせるもので、
車体にバカボンのパパなどが描かれている。車内に漫画を掲示、
アナウンスもバカボンのパパの声で行う。
25日には強羅駅で赤塚氏が一日駅長を務める予定。

運行期間:3月16日〜6月4日
問合せ:同社鉄道課(0465-24-2115) 

★JR富山港線にLRT構想
北陸新幹線開業時に分離対象とされている富山港線について、JR西日本より
路面電車化構想が出されている。線路敷の道路としての認定・スピードダウン
の問題などが指摘されている。市公共交通活性化研究会はLRT化も選択肢に
挙げている。 富山港線の1998年度の1日平均の乗車人数は約2600人
で減少傾向。

★名古屋地下鉄黄色電車お別れイベント
東山線でメモリアル列車「さよなら黄電」を運転するなどイベントが開催される。
1 メモリアル列車「さよなら黄電」
運行期間:3月21日(火)〜4月11日(火)
2 引退式
日時:4月11日(火)10:00から
場所:藤ケ丘駅 2番ホーム
セレモニー後、藤ケ丘〜高畑まで1往復
3 写真撮影会
メモリアル列車の写真撮影会を実施する。
日時:4月11日(火)13:00〜15:00
場所:藤ケ丘工場
詳細はこちらへ

★コトデン高架計画認可
高松駅付近再開発の関係で計画されていたコトデン高架化計画が認可
された。琴平線がサンポートにできる新築港駅からJR高徳線との交
差部までの2.6キロ、長尾線が瓦町駅から花園駅までの1.0キロが高架
化される。完成は平成22年を予定。
お堀端を走るシーンの撮影はお早めに。

高架化工事中に運行ダイヤを組みやすくするため三条〜仏生山間を一
時的に複線化する模様である。

★名鉄谷汲線などの自治体がバス化検討へ
報道によると県と大野町、揖斐川町、谷汲村は黒野以遠廃止問題につ
いて14日に協議を行った。バス化を軸に代替交通機関について検討し
ていく方向となった模様である。

★阪急電鉄で花博のPRヘッドマーク取付
運行日:3月10日(金)〜9月17日(日)
運行路線:全線
運行列車編成数:
最大40編成(季節により変更があり)
     神戸線 18編成
     宝塚線 13編成
     京都線  9編成
デザイン:淡路花博マスコットキャラクター「ユメハッチ」をデザイン
注:通常ヘッドマーク取付編成数は最大30編成で、今回が過去最高規模の取付数となる。
昨年10月25日より全車両のドア横に淡路花博PRステッカーを貼付。

★近鉄難波線開業30周年記念イベント列車
前後にヘッドマーク取り付け。
運転日:3月26日
時刻:
上六8:28→桑名11:16
桑名15:06→上六17:29(東青山で8分停車・撮影会)
編成:18400(特急色)×2+18200(あおぞら2)×2

時刻:
西桑名11:46→北大社12:12
北大社14:10→西桑名14:36
編成:276-201-101-202

★嵐電にペイント車両登場 
開業90周年記念イベントの一環としてモボ301がペイント塗装となった。
3月4日10:00に四条大宮を発車した。 通常の運用に就いている。図柄は沿
線の短大生がデザインした。「のりよし君」の愛称がついている。25日ま
でに別の絵柄のペイント車両が登場し2連で運行する予定。

★EF66があかつき・彗星・なは牽引
JR改正の移り変わり運用で11日着の上り「あかつき」「彗星」
と11日発下り「なは」がEF66牽引となる。
(改正後は併結の「あかつき/彗星」がEF66牽引となる)

★名鉄の不採算6区間廃止申請へ
名鉄は廃止計画のあった6線区間について、9月末に廃止申請を行う意向
を表明た。代替交通などについて地元と協議の上、来年9月末までに存廃
の結論が出される見込み。

廃止対象区間は
竹鼻線(江吉良−大須)
揖斐線(黒野−本揖斐)
八百津線(明智−八百津)
谷汲線(黒野−谷汲)
三河線(猿投−西中金、碧南−吉良吉田)

★大阪地下鉄が不発弾撤去作業で一部運休
森ノ宮駅付近の不発弾撤去作業のため、3月5日の9:30〜12:00に
中央線森ノ宮〜長田間が運休する。近鉄東大阪線は長田〜生駒の折返しとなる。
作業が終わり次第通常ダイヤへ戻る。

★阪急の三国駅高架化上り線も3月20日開通
3月20日の始発より阪急三国駅付近の上り高架線の使用を開始する。こ
れで上下線ともに高架線となり、撮影場所であった神崎川橋梁は消滅する。

★可部線廃止手続きへ
JR西日本広島支社長は29日の記者会見で可部線可部―三段峡間の存廃問題
について、改正鉄道事業法に基づき廃止手続きを進める方針を表明した。

★京福電鉄が開業90年記念でイベント 
 京福電気鉄道は嵐山線が3月25日に開業90周年を迎えるのに合わせて、
記念イベント「RAN90」を開催、3月上旬からフリーペイント電車や
イルミネーション電車を走らせる。25日は運賃を大人小人共90円均一
とする。帷子ノ辻駅でフリーマーケットや鉄道模型走行会・鉄道グッズ
オークションを開催する。この他嵐山駅前ライブなど沿線の商店街や
観光施設などと連携して多彩な催しを行う。 

★三池の電気機関車を整備・展示へ
大牟田市は三井化学の敷地内で保管中の旧三池鉄道の電気機関車など
4両の補修に着手した。3月末までに塗装などを実施し、公開する方針。

★山陽に花博キャンペーン列車登場
山陽電鉄は3月1日から花博期間中、5630Fをイベント電車「フローラ号」
として運行する。花柄や花博キャラクターのシールを車両に張るほか、車内
のシートカバーも花柄にする。3月1日に山陽姫路駅で発車式を行う。
花博期間中の3月18日〜9月17日まで舞子公園駅に直通特急、特急が平
日も臨時停車する。梅田〜舞子公園間の割引切符も検討。

★クモハ40保存車の無動回
大宮で保存のため移動するもの。
運転日:3月16日
時刻:
臨配9898レ
大船13:52→横浜14:11→新鶴見14:26→蛇窪14:34→
原宿15:03→新宿15:06→池袋15:13→赤羽15:28→大宮15:47 
編成:EF64(長岡)+クモハ40×2

★津軽鉄道に津軽21型3両が到着 
津軽鉄道に24日ワンマンの新型車両津軽21型3両が到着した。
試験運転を経て、ダイヤを改正する3月16日から運行の予定。
キャンバス号を含む在来車3両が代替廃車となる。キャンバス
号は当面解体せず展示する意向。

★名鉄犬山橋カウントダウンへ
名鉄犬山橋で建設中の道路橋の完成記念式典が3月28日に
実施される。これにより犬山橋は28日午後から鉄道専用に
なり、自動車との並走シーンは見納めとなる。分離後、専用
橋への改造工事に着手する。

★のと鉄道輪島線の廃止が決定的に
能登地域総合交通構想懇話会は23日、のと鉄道穴水―輪島間を廃止し、
バス化する提言を石川県知事に報告した。知事はのと鉄道の筆頭株主と
して早期に同区間を廃止する意向を示唆した。28日の県議会定例会で廃
止方針を表明する見通しである。のと鉄道は取締役会で廃止を決議、運
輸省に届出、来春までに廃止されることになる。
同区間の一日当たりの乗客数は上下合わせて451人(11年1月)と低迷して
いた。

★JR北海道でまたまたC11復活
静内町の山手公園に保存されているC11107を復元し、10月7日から11月
末まで函館線小樽〜ニセコ間で走らせる。3月上旬に苗穂工場に移動し
イラーや車輪などを交換して復元する。同車は静内SL保存会が清掃し
てきた。

★土佐くろしお鉄道阿佐線のレール発進式
安芸駅予定地近くでレール発進式が行われ、モーターカーの前でテープ
カット、軌道敷設工事開始を祝った。

★指宿枕崎線で廃食用油リサイクルDC運転
JR九州鹿児島支社は廃食用油を代替燃料に使って気動車をデモ運転した。
21日に鹿児島総合車両所で運転準備を公開、22、23日に指宿枕崎線で
通常ダイヤの普通列車に充当した。廃食用油リサイクル技術PRのため行っ
たもので、供給量の問題などがあるため実用化に関しては白紙。

★いぶき501オヒロメ運転
運転日:3/18
時刻:
1005レ:新金谷12:52→家山13:24→下泉13:44→千頭14:09
1004レ:千頭15:30→下泉53→家山16:17→新金谷16:29
[▲▲トップページへ] [▲一番上へ] [▽古いニュースへ]