情報伝言板
RAILWAY NEWS
更新:平成16年2月26日
お問合せ:電鉄倶楽部
ガイドライン
[△新しいニュースへ] [▲▲トップページへ] [■バックナンバー]

★万葉線新型低床式車両の愛称を募集
 万葉線では、1月から運行している新型低床車の愛称を募集する。
 応募要領:はがきに愛称と理由、住所、氏名、年齢、電話番号を明記
     (はがき1枚につき愛称1点のみ)
 応募先:〒933−0073 高岡市荻布字川西68
     万葉線株式会社
 応募期間:3月1日〜31日(消印有効)
 問合せ:0766(25)4139

★富士急で日本酒イベント列車
 富士急行は沿線の造り酒屋「井出醸造店」の協賛で貸切の車中で日本酒
「富士の山」を楽しむ「甲斐の開運号」を運行する。車内に畳敷の座敷を設
置、日本酒を振る舞う。
 運転日:2月20日、27日
 時刻:河口湖18:50→都留市→河口湖
 料金:2500円
 問合せ:河口湖駅(0555・72・0017)

★豊鉄市内線に新電停
 豊橋鉄道では市内線の豊橋駅前〜新川の名豊ビル付近に停留場を新設する。
同区間は駅前電停が駅前広場に移動した際の軌道延長に伴い、電停間の距離
が開いていた。来春までに開業予定。撮影名所となっている歩道橋は撤去さ
れる。

★のと鉄道の金沢乗入復活へ
 石川県とのと鉄道は穴水以南のてこ入れ策として、来年度に導入する新型
車をJR直通対応とし、穴水〜JR金沢間を直通列車の復活を計画している。
同区間にはJR車による急行が運行されていたが平成14年3月に全廃され
ている。

★筑豊電鉄に新駅
 筑豊電鉄は楠橋駅と木屋瀬駅のほぼ中間に新木屋瀬駅を設置する。4月上
旬に開業予定。

★江ノ電の写真展
全日本写真連盟の鎌倉カメラクラブは江ノ電沿線で撮影した作品を集めた写
真展を開催する。
 開催日:2月24日〜29日(10:00〜17:00)
 場所:鎌倉生涯学習センターギャラリー
    鎌倉市小町1-10-5 0467-25-2030  鎌倉駅東口徒歩2分
 入場無料

★日立電鉄が廃止決定
 日立電鉄は18日の定例取締役会で鉄道事業からの撤退を決定した。3月
23日の臨時株主総会で決議後、国土交通省に届け出る。来年3月31日を
最後に廃止されることが決まった。

★住友大阪セメントが樽見鉄道の貨物輸送撤退
 樽見鉄道の筆頭株主である住友大阪セメントは本巣にある岐阜工場からの
セメント輸送を平成17年度末にトラックに切り替える計画を表明、2月
18日に沿線市町で作る連絡協議会に申し入れた。同線の貨物輸送は収入の
4割を占めるとされ、経営への影響が危惧される。

★土佐電鉄の側面青帯復活
 従来は側面の広告スペースに広告が入らない場合も窓下の青帯を省略して
いたが、このほど出場した207号は青帯が復活し、懐かしい姿で登場した。
今後も広告無しの車両を塗装する場合は帯を塗装する見込みである。

★伊予鉄道低床車搬入
 尼崎のアルナ車両で制作していた伊予鉄道低床車の3次車2105号と
2106号は20日未明にアルナから搬出、神戸港からフェリーにて松山観
光港に航送し23日未明に古町に搬入される。


★鹿島臨海鉄道に新型機関車
 北鹿島〜神栖間で貨物列車を運行する鹿島臨海鉄道では、老朽化した現有
車を更新するため新型機関車KRD64−1を導入する。同車は2月16日
に神栖に到着、4月1日より運用に就く予定。代替廃車は未定。
 画像

★ごめんなはり線の話題
 *阪神キャンプ関連(補遺版)
 阪神タイガースの1軍は2/19に安芸市に入り、3/2まで安芸市営球場にて
キャンプを行う。
 この観客輸送のため、ごめん・なはり線では期間中、最寄の球場前駅に快速列車を
臨時停車させる他、土・日曜日に増発と増結を行う。

◆球場前に快速列車停車、駅員も派遣
 球場前駅に一部の快速列車を臨時停車させて観客の利便を図る。停車するのは下記
の通り。
 832、4833、4834、4835、4836、4837、4838、483
9、4840、4841D
 なお、2/20から3/2まで、球場前駅に駅員を派遣して乗車券の発売等を行う
(キャンプが休みの23・27日は除く)。

◆「パーク&ライド」で列車増発(補遺版)
 21、22、28日はのいち→安芸間で臨時列車を増発する。
 これは高知県が主催するパーク&ライドに対応するためで、午前中に2列車(単
行)を増発する。
 パーク&ライドは物部川河川敷に臨時駐車場を設け、のいち駅までバスで輸送し、
列車に乗り換えてもらおうというもの。
 ごめん・なはり線に並行する国道55号線ではこのキャンプ期間中は渋滞が激し
く、その打開策として期待されている。
 回送列車も含めた時刻は下記の通り。なお、のいち駅発の営業列車は今回が初めて
である(団臨及び試運転では実績あり)。

 回9863D 安芸   9:36→夜須  9:50→のいち  9:57
  9860D(※快速列車につき、夜須・穴内・球場前のみ停車)
       のいち 10:10→夜須 10:17→穴内  10:30→球場
前10:33→安芸10:36
 回9867D 安芸  10:43→夜須 10:55→のいち 11:01
  9862D(※快速列車につき、夜須・和食・球場前のみ停車)
       のいち 11:08→夜須 11:14→和食  11:23→球場
前11:30→安芸11:32
 
◆列車増結
 21・22・28日は、午前と午後の観客の集中する時間帯に列車を増結する。
 特別車の9640−1S・2Sもオープンデッキ締切で一般運用に入るほか、JR
からは1000形を1両借り入れ、予備車なしの総動員態勢で臨む。
 特記すべき車両運用と、増結となる列車は下記の通り。

21日
 ・21日の後免駅始発列車である4854Dは、「タイガース号」の9640−1
0を充てる。

22日
 ・22日の後免駅始発列車である4854Dは、安芸駅にて一般車から「タイガー
ス号」の9640−10に車両交換を行い、安芸→奈半利間は9854Dとして運転
する。

21・22日
 ・4831(安芸→高知)、4858(高知→安芸)、4873、4872(後免
→安芸)・・・奈半利方に9640−1Sを増結。
 ※上記のように4831→4858Dは「タイガース号」の9640−10が本務
車であり、9640−1Sとのカラフルな編成が2日間とも見られる。
 ・4859〜土讃線229、4860、4867(奈半利→安芸)・・・特別車9
640−2Sの奈半利方に一般車を増結。
 ※土讃線229Dは高知方から、9640−2S+9640一般車+JR1000
形×3という5両編成となる。
 ・4843(安芸→高知)、土讃線4758〜4844(高知→安芸)・・・奈半
利方に一般車を増結。
 ※土讃線4758Dは4両編成となる。
 ・4834、4841(安芸→高知)・・・9640形の奈半利方に借入のJR1
000形を増結。
 
28日
 ・「タイガース号」の9640−10を使用した団体臨時列車「トラッキー・ラッ
キーのごめん・なはり線乗車」号が運転される。
  回9865D 安芸  9:47→後免 10:16
   9864D 後免 11:15→球場前 11:42→安芸 11:45
 ・4859〜土讃線229、4860、4867D(奈半利→安芸)・・・特別車
9640−2Sの奈半利方に特別車9640−1Sを増結。
 ※土讃線229Dは高知方から、9640−2S+9640−1S+JR1000
形×3という5両編成となる。
 ・4871、4870D・・・奈半利方に9640−1Sを増結。
 ・4843(安芸→高知)、土讃線4758〜4844D(高知→安芸)・・・奈
半利方に「タイガース号」の9640−10を増結。
 ・4858〜4863Dの運用を変更し、JR1000形とする。なお、4858
D(高知→安芸)では高知方に一般車を増結し、2両編成とする。
 ・4841D(安芸→高知)・・・9640形の奈半利方に借入のJR1000形
を増結して返送。
 ・4873、4872(後免→安芸)・・・奈半利方に特別車9640−2Sを増
結。
 ・4843(安芸→高知)、土讃線4758〜4844(高知→安芸)・・・奈半
利方に「タイガース号」の9640−10を増結。
 ※土讃線4758Dは4両編成となる。

29日
 ・特別車運用の4859(229D)〜4860〜4867D(安芸駅まで)の間
を増結し、特別車同士の2両編成を組む。
 編成順序
 ←高知・後免
 9640−2S+1S
 ※土讃線229Dは高知方から、9640−2S+9640−1S+JR1000
形×3という5両編成となる。
 ※9640−1Sの連結は4867Dの安芸駅まで。


★長崎電軌で低床車の試乗会
 3月1日の営業運転に先立ち、低床車の試乗会を実施する。公募により行
われる。
 運転日:2月23日
 コース:浦上車庫10:30→築町→蛍茶屋→桜町→浦上車庫
     浦上車庫13:30→築町→蛍茶屋→桜町→浦上車庫

★ふるさと銀河線存廃問題
 北海道ちほく高原鉄道の存廃問題を議論している道と沿線7市町の関係者
協議会は2月11日の会合で、道側は補助金の増額を拒否、廃止反対を主張
していた北見市長が高速道路整備などを条件にバス転換も視野に入れた議論
に応じる姿勢を表明した。他の自治体は廃止反対の立場を崩していない。
 同線の社長を兼ねる北見市長の発言であったことから、一部マスコミで地
元が廃止を容認したように報じられる事態となっている。
(H16/2/19)

★肥薩おれんじ鉄道のイベント車搬入
 3月13日に開業する肥薩おれんじ鉄道のイベント車両2両が2月10日
に甲種輸送で泉車両基地に到着した。同時に一般車両5両も到着し、19両
全車両が揃った。イベント車は「さっぴぃふるさとくん」と「おれんじちゃ
ん」と命名された。

★明知鉄道で腕木式信号機のお別れ列車
 使用を終了する腕木式信号機のお別れ列車として「ごくろうさま腕木式信
号機号」を運転する。同線の腕木式信号機は岩村駅と明智駅設置されており、
3月23日から特殊自動閉塞式に切り替えられるため使用を終了する。
 運転日:3月20日
 時刻:恵那9:15→恵那10:05(定期列車併結)
明智11:33→恵那12:19
恵那12:25→明智13:13
 問合せ:同社営業部(0573−54−4101)

★名古屋で路面電車の企画展
 鉄道友の会が名古屋で路面電車の企画展を開催している。昭和30〜40
年代を中心に現在までの新旧の路面電車の写真やパネルを展示している。
 開催日:2月7日〜22日
 場所:名古屋都市センター
    名古屋市中区金山町一丁目1番1号金山南ビル内
    (052)678-2200 金山駅すぐ
 詳細は同センターのページ参照。


★会津鉄道が新型車両導入
 会津鉄道の新型車両2両は2月29日に新潟トランシスより搬入、3月
25日より営業運転に就く。薄い緑色を基調に濃緑色のイラストをちりばめ
たデザインとなっている。来年度と再来年度も増備し、計7両を導入する予
定。

★名鉄が軌道線廃止を正式表明
 名鉄は2月3日に岐阜市に、5日には北方町と本巣市に岐阜市内線、揖
斐線、美濃町線、田神線を来年3月末で廃止するために3月1日から手続
きに入ることを説明した。

[▽古いニュースへ][▲一番上へ][▲▲トップページへ]