情報伝言板
Railway News
更新:6月22日
[△新しいニュースへ][▽古いニュースへ][▲▲トップページへ][■バックナンバー][お問合せ]

★秩父鉄道線の甲種輸送
 東武向けの甲種輸送は熊谷タ〜武川〜羽生、寄居間は秩父鉄道の機関車が牽引する。
東上〜伊勢崎線の入出場や転属などは東武電車が牽引する。
 運転日:7月12日、26日
 行程:三ヶ尻9:18頃→武川9:25頃→石原→羽生11:18頃
   (前回までの時刻:目視による)

★松川の専用線情報
 東北線松川駅から北芝電機工場までの引込線に大物輸送車が入線する。専用線の機
関車が牽引する。
 運転日:
  6月29日 チキ回送送込み 宇都宮タ→松川9:25
  7月4日 変圧器発送  松川10:48→盛岡タ
 ※過去運転時の様子が奥野さんのブログに掲載されています。
  発送時は8:30〜8:50に推進で出荷、機関車は10:00には戻る模様。

★阪堺電車が運転系統変更
 7月4日のダイヤ改正で、恵美須町〜浜寺駅前、天王寺駅前〜我孫子道の運転系統を
天王寺駅前〜浜寺駅前、恵美須町〜我孫子道に変更する。

★天竜二俣で車内公開イベント
 キハ20とナハネ20を整備、保存している天竜レトロ・トレインクラブさんでは
「限りなく当時に近い雰囲気の車内」をテーマに公開イベントを開催する。
 開催:7月11日、12日、
詳細は同会のページ参照。

★富山市内線に低床車
 来年3月に豊橋市内線と同型の3車体連結型車両を導入する。

★ミキ300−103公開
 ひたちなか海浜鉄道では三木鉄道から搬入した車両の一般公開を開催する。
改修作業後夏ごろより運行予定。
 開催日:6月20日(土)、21日(日) 9:00〜18:00
 場所:那珂湊駅構内

★上毛電鉄の風鈴電車
 2編成を風鈴電車として運行、車内を風鈴と造花で装飾、ヘッドマークを装着している。
 編成:712−722(ロイヤルブル−)
    718−728(ゴールデンオレンジ) 
 運行期間:6月7日〜8月31日
  詳細は同社のページ参照

★名鉄パノラマさよならイベント
 白帯を復活した7700系2連と連結して6連で運行する。乗車には予約券の購入が必要。
 運転日:7月11日(土)、12日(日)
 時刻:
  大同町10:46→内海11:51
  内海12:47→金山14:16
 詳細は同社のページ参照

★明智鉄道でDMV試験運行
 来年3月に岩村−明智駅間で3日間の日程で予定。夜間試験走行を11月下旬から12月に
かけて数日間実施する。

★赤村トロッコ油須原線 運転のお知らせ

 赤村トロッコの会では、北九州の未成線・国鉄油須原線跡に、観光トロッコ
を走らせています。
 年内の運行予定日が決まりましたのでお知らせします。

 ■運転日時:冬期を除く原則第2日曜日(8月は第1)
  年内の運行日は、7/12・8/2(第1日曜)・9/13・
 10/4(へいちくフェスタ協賛)・10/11・11/8です。
 (上記以外に臨時運行する場合、ホームページなどでお知らせします。)
 ■運転時間:10:00〜16:00
 ■会場:福岡県田川郡赤村 旧国鉄未成線・油須原線跡 往復3.4km 所要約25分
 ■会場への交通:平成筑豊鉄道田川線 赤駅下車すぐ
 ■乗車寄付金:大人300円、小学生150円
 ■ご案内:赤村役場 TEL 0947-62-3000 (平日)
     ホームページ http://homepage2.nifty.com/akatoro/

★南海6100系にヘッドマーク
 南海高野線6107Fが台車を交換する。「さよなら6100系パイオニア径羲屐廚裡硲
を付けて運用に就いている。7月上旬頃まで運転される模様。

★恩田の保留車情報
 東急長津田工場の構内入換に使用していたED301、デキ3021、デワ3043
3両が用途廃止となり3両繋いだ状態で留置されている。6月14日現在、恩田駅近く
の道路から見ることができる。 


★長野電鉄村山橋切替の話題
 道路と鉄道の併用橋として知られる村山橋は11月7日、8日に新橋への切替工事
が予定されている。同日は朝陽〜須坂間がバス代行となる。
 詳細はリリース(PDF)参照。

★叡電デオ700の新塗装化進む
 721号が711号と同じ「山」の緑色塗装で出場した。現在712が「もみじ」
の赤、731が「川」の青、723が「新緑」の緑となっている。クリームとマルー
ンの旧塗装は722、724、732の3両となった。

★岡電KURO夏季運休
 冷房装置が搭載されていないため夏季は運休する。日光電車は入場のため既に運休
している。
 運休期間:6月8日〜10月初旬

★ことでん23、300号が映画出演
 古い琴電車両が登場する映画「ほっこまい 高松純情シネマ」が上映される。高松
築港〜仏生山間でロケを行った。このほどDVD発売記念アンコール上映会を岡山と
東京で開催する。
案内のページ参照

(岡山)
 場所:シネマ・クレール:岡山市丸の内1-5-1電:086-231-0019
    岡電城下南へ2〜3分・シンフォニーホール南向かい
 日時:6月13日 17:00
 料金:当日1300円 学生・前売り 1000円

(東京)
 場所:TMシアター新宿:新宿区新宿3-17-1 HN27ビル 6F/7F
   (三越向い無印良品の隣のビル)電:03-5366-2947(ビジョンフォレスト)
 日時:6月26日19:00
    27日15:30、16:45、18:00、19:15
    28日13:30、14:45(懇親会なし)
    上映時間60分
 料金:当日1300円 予約 1000円、懇親会・ドリンクつまみ付き別途2000円
 予約・問合せ:chancet01@yahoo.co.jp


★上松森林鉄道が平日も運行
 赤沢自然休養林内の上松森林鉄道では、大型連休と夏期休暇、紅葉シーズン以外は週末
のみ運転していたが、5月18日から平日も試験運行を実施している。
 運転時刻:10:00〜14:00まで1時間毎 7月6〜10日は運休
 問合せ:0264−52−2245

★熊本市電5000系運転
 定期運用が解消した5000系を録音とビデオ撮影を目的に愛好家グループが貸切運転
を行う。
 運転日時:6月19日10:30〜
 行程:田崎橋→健軍町

 ※ご好意で情報提供頂いています。撮影の際には車内で録音録画中である点にご留意の上、
ご静粛に行動お願いします。

★真岡鉄道の機関車を左沢線で運転
 C11325号を左沢線「SLさくらんぼ号」として運行する。旧客3両を牽引す
る。
 試運転:6月9日〜11日
 営業運転:12日、13日
 時刻:
   山形10:44→左沢12:05
   左沢14:19→山形15:28 

★水島臨海キハ20週末に運転
 球場前多客のためワンマン解除となり、キハ20を運行する。
 運転日:6月20日、21日
 時刻:
  自工6:46→倉敷市7:12
  倉敷市7:18→自工7:44
  自工7:49→倉敷市8:15
  倉敷市8:20→水島8:46
  水島9:03→倉敷市9:24
  倉敷市9:29→自工10:00

  自工17:00→倉敷市17:26
  倉敷市17:41→水島18:05
  水島18:11→倉敷市18:35
  倉敷市18:41→自工19:11

★筑豊電鉄黄電入場
 唯一西鉄塗装で残っている2004号が検査入場した。今回はレインボーへの塗装変
更は行われない模様。

★函館市電530号運行情報
 函館市電では商店会が企画した買物無料電車運行しているが、車体に広告を掲載する関係で、
全面広告の無い530号を優先的に使用している。

 運転日:12月まで
  第2、第4日曜日:大門号
  第1、第3土曜:五稜郭号

 時刻:下記のいずれかの仕業に充当する。

  湯の川10:09→谷地頭10:52
  谷地頭10:55→湯の川11:39

  湯の川12:23→谷地頭13:06
  谷地頭13:09→湯の川13:53

  湯の川14:22→谷地頭15:05
  谷地頭15:08→湯の川15:52


  湯の川11:07→どつく11:49
  どつく11:52→湯の川12:35

  湯の川13:30→どつく14:12
  どつく14:17→湯の川15:00

  湯の川15:44→どつく16:26
  どつく16:31→湯の川17:14

 詳細は同局のページ参照。

★豊鉄市内線3203がビール電車に
 クリームに赤帯の旧色が注目されている3203号はビール電車にするため準備に
入っている。ビール電車の営業は6月19日から。例年2日前に試乗会が行われてい
る。また、回送は日没前なので、走行シーンが撮影可能となっている。
 運転日:6月19日〜9月6日(運休日あり)
 時刻:
  (回送)赤岩16:55頃→駅前17:20頃(例年の時刻)
  豊橋駅前18:00頃→運動公園→豊橋駅前19:20頃
  豊橋駅前20:00頃→運動公園→豊橋駅前21:20頃
 問合せ、申込み:0532・53・2323
 詳細は<同社のページ参照。

★伊香保電車の写真展
 昭和31年まで渋川を中心に運行した東武鉄道伊香保軌道線の写真展を開催する。
高崎市の田部井さんが撮影した作品を展示する。
 期間:6月7日〜7月8日 10:00〜18:00 月曜休館
 場所:高崎市美術館
    高崎市八島町110−27
    高崎駅西口すぐ

★三木鉄道303号は湊線へ
 三木駅構内の庫内に残されていたミキ300−103号は6月中に那珂湊へ搬送さ
れる。ひたちなか鉄道では老朽車の代替で使用、三木鉄道の塗装で夏ごろより運用す
る方針。
 三木鉄道の車両について当初は2両は売却、1両は保存が伝えられ、三木市による
保存は早期の荒廃が憂慮されることから処遇が注目されていた。

[▽古いニュースへ][△新しいニュースへ][▲▲トップページへ][■バックナンバー][お問合せ]