鉄分、足りてまっか?
濃いぃ備忘録

[△最新△]
由利鉄3連
岡山お気軽鉄
緑の阪神電車
[▽過去リスト▽]

[▲電鉄倶楽部▲]
Facebook
懐かしの名場面
濃いぃ時刻表
情報伝言板

[連絡先]
電鉄倶楽部芦屋
庄内交通湯の浜電車
令和4年8月30日(火)
<<前のページ 次のページ>>

ええっと、山形県の湯の浜温泉に来てますねん。
羽越線の鶴岡からバスで40分。でも、昔は電車で来ることができたんでっせ。昭和50年3月まで、鶴岡から湯野浜線の電車が走っていたんですわ。

こんな感じですかな。



では、湯野浜電車の痕跡を探してみましょう。
湯の浜温泉駅のあったところはバスターミナルになっています。左のビルのところが駅の跡地です。

[地図]

では線路に沿って歩いてみましょう。
お?これはなんや?駅かいな?奥のオレンジのは電車と違うか?


うわ、電車や電車や。いきなり電車を発見。
でも、ああ、哀れな姿になってしまって・・・

あれ?よく見たら、電車やなくて、トイレやわ。

・・・よ、よく見んでも、わかるわ。

この付近、ちょっとだけ、駅の雰囲気を醸し出していますなぁ。

[地図]
では、出発進行~!
ここからは歩行者自転車道路となっています。坂を上ってゆきます。

おお、ここええやん。走っていたら海バックで撮れるんでしょうなぁ。

[地図]

坂を登り切ったあたりが七窪駅跡です。いまは住宅になっていて、面影はありません。
[地図]
この先、いかにも、線路跡らしい遊歩道が続きます。


七窪を過ぎ、善宝寺へと下り坂が続きます。木々の間から稲穂が実る庄内平野を眺めます。走っていたらこんな車窓やったんでしょうなぁ。


なんとなく鉄道っぽい、築堤を下ります。

[地図]

お?こ、これは、駅のホームと違いますか?


わ、駅や駅や。これは善宝寺の駅ですな。

ん?奥に何か、見えまっせ。行ってみましょう。

おお、ありましたありました。電車がありました~。


でも、ちょっとかわいそうな状態ですなぁ。









[地図]

さて、電車にサヨナラして、鶴岡を目指します。

善宝寺を出ると、線路跡は農業倉庫の建物の前へ続きます。

[地図]

そして市道脇の空地へ出て、合流部の緑地帯を経て、県道に合流、県道西側の歩道のところが線路跡です。次の信号の交差点のところで再び道路と離れ、ラーメン店の裏側から電波塔の裏側の細長い空地へ続きます。
水路をまたぐところで、橋台の跡を発見。

[地図]

北大山駅跡は中古車販売店の裏側の自動車置き場に。面影はありません。
[地図]

ここから線路跡は接骨院~歯科医の駐車場を通り、農地の中を進み、葬儀場の裏で大きくカーブします。この付近は辛うじて細長い空地が残っています。
そして、県道に突き当たって完全に消滅します。

こんな感じですかな。

ここから安丹、京田までは圃場整備と河川改修のため、線路跡は消滅しています。京田駅と鶴岡付近でわずかに痕跡を残すのみとなっています。

と、言うわけで、昭和36年の時刻表をどうぞ。40分毎くらいに走っていたんですな。

電車は所要時間26分、運賃は50円。並行バスは50分かかって75円ですから、このころはまだ電車の方が優勢ですなぁ。
キロ程2.2キロは誤植、12.2キロです。

それと、ええっと、善宝寺の電車、平成9年の様子です。

この後25年、じわじわと荒廃が進んでしまいましてん。駅舎もこの8月に解体されています。電車の処分は来年度、とのことです。

ではでは~♪
<<前のページ 次のページ>>